自動車保険については、自動車保険の情報サイトです

自動車保険とは

自動車保険車を所持している方に馴染みのある「自動車保険」ですが、あまりその内容についてご存じない方もおられると思います。
今回は自動車保険について、あまりその内容をご存じない方に向けて簡単にご説明をさせていただきます。

自動車保険「保険」を辞書で調べると「火災・死亡など偶然に発生する事故によって生じる経済的不安に備えて、多数の者が掛け金を出し合い、それを資金として事故に遭遇した者に一定金額を給付する制度」と記載してあります。
つまりは万が一の不測の事態が起こった際の金銭的な保証を意味します。

保険には火災保険や地震保険、がん保険、生命保険等様々な種類のものがあり、色々な不測の事態に対しての金銭的な保証してくれます。
自動車保険の場合ですと、主に交通事故等により発生した損害賠償を補償してくれる保険になります。

自動車保険もし、自動車保険に加入していないと交通事故により相手に怪我を負わせてしまった際の治療代や車の修理代等を全て自分で支払う必要があります。
軽い事故の場合は少しの金額で済むかもしれませんが、大事故を起こしてしまい相手に重度の後遺症をが残ってしまったり、死亡させてしまった場合は億単位の賠償金を支払わなければならなくなります。
通常はとてもそのような賠償金額を支払えません。
そのような際にも、自動車保険に加入していれば、交通事故で相手に怪我をさせてしまった際の賠償金、自分の怪我の治療費、破損した車の修理代を契約した保険プランの上限金額を限度に保険会社が支払いをしてくれます。

2種類の保険

自動車保険には大きく分けて「自賠責保険(強制保険)」と「任意保険」という2種類の保険があります。

前者の「自賠責保険」は、全ての自動車(バイクも含む)と原動付自転車を運転する場合に必ず加入しなければならない保険になります。
その性質上、「強制保険」とも呼ばれています。
もしも自賠責保険に加入していない方には、厳しい罰則が科せられるので、忘れずに入る様にしましょう。

「任意保険」はその名前の通り、保険に加入するかどうかは車を所有する各個人が自由に決める事ができる保険になります。
しかし、実際の所は「自賠責保険」だけでは、交通事故を起こした際に被害者への賠償金額が不足してしまうケースが多く、通常では自賠責保険と合わせて任意保険にも加入するのが当たり前の状況になっています。
また、任意保険は保証の対象により数種類に分けることができます。